2018年05月一覧

NO IMAGE

海外FXはXM|FXに関しての個人対象のレバレッジ倍率は…。

チャートの時系列的変動を分析して、売買のタイミングの判定をすることをテクニカル分析と称するのですが、このテクニカル分析さえできれば、売買の好機を外すようなことも減少すると思います。金利が高い通貨だけを選んで、その後保有し続けることでスワップポイントをもらうことができるので、このスワップポイントという利益だけを狙ってFXに頑張っている人もかなり見られます。世の中には多くのFX会社があり、各々の会社が独自のサービスを行なっているわけです。こういったサービスでFX会社を比較して、自分自身に相応しいFX会社を絞り込むことが一番大切だと考えています。デイトレードのおすすめポイントと言うと、一日の中で絶対条件として全てのポジションを決済しますので、結果が早いということだと感じています。システムトレードというのは、株式やFXにおける自動売買取引のことであり、前もってルールを設定しておいて、それに従う形でオートマチックに売買を継続するという取引になります。ご覧のウェブサイトでは、スプレッドであったり手数料などを加味した総コストにてFX会社を比較した一覧表を見ることができます。言わずもがな、コストと言われるものは収益に響きますから、徹底的に確かめることが重要になります。FXに関しての個人対象のレバレッジ倍率は、何年か前までは最高が50倍でしたので、「今の時代の最高25倍はそれほど高くはない」と口にさ...

NO IMAGE

海外FXはXM|MT4で使用できる自動売買プログラム(EA)のプログラマーは世界中に存在していて…。

スプレッドと呼ばれるものは、FX会社毎にバラバラな状態で、あなた自身がFXで儲けを出すためには、買い値と売り値の価格差が僅かであるほど有利になりますから、この点を前提にFX会社を選ぶことが大事なのです。FXに関する個人に対するレバレッジ倍率は、古くは最高が50倍だったことからすると、「今の時代の最高25倍は低く見えてしまう」と言われる人が存在するのも当然でしょうけれど、25倍だとしても十分な利益確保は可能です。利益を確保するには、為替レートが注文を入れた時のレートよりも有利になるまで何も手出しができません。この状態を「ポジションを保有する」という言い方をするのです。昨今のシステムトレードをリサーチしてみますと、他のトレーダーが構築した、「それなりの収益を齎している自動売買プログラム」を踏襲する形で自動的に「売り・買い」が為されるようになっているものがかなりあります。証拠金を納入してどこかの国の通貨を購入し、そのまま維持し続けていることを「ポジションを持つ」と言うわけです。その反対に、保持している通貨を約定することを「ポジションの解消」と言います。MT4で使用できる自動売買プログラム(EA)のプログラマーは世界中に存在していて、現在のEAの運用状況あるいはクチコミなどを踏まえて、新規の自動売買ソフトを開発しようと頑張っています。スキャルピングに取り組むつもりなら、数ティックという値動...

NO IMAGE

海外FXはXM|デイトレードと言いますのは…。

スイングトレードを行なうつもりならば、どれ程短い期間だとしても数日間、長期のケースでは数か月といった取り引きになりますから、連日放送されているニュースなどを見ながら、それ以降の時代の流れを予想し投資できるわけです。テクニカル分析のやり方としては、大別するとふた通りあると言えます。チャートに表示された内容を「人が自分の頭で分析する」というものと、「分析ソフトがある意味強引に分析する」というものになります。スキャルピングというのは、本当に短時間の値動きを繰り返し利用する取引ですので、値動きが一定レベル以上あることと、「買い・売り」の回数がかなり多くなりますから、取引に必要なコストが少ない通貨ペアを選択することが肝要になってきます。デイトレードと言いますのは、丸一日ポジションを保有するというトレードではなく、現実的にはニューヨーク市場の取引終了前に決済を行うというトレードのことを言っています。スイングトレードをする場合に気を付けてほしいのですが、売買画面を開いていない時などに、一気に大きな変動などが起きた場合に対応できるように、事前に対策を打っておきませんと、とんでもないことになってしまいます。方向性がはっきりしやすい時間帯を見極め、そのタイミングで買い(売り)を入れるのがトレードをやる上での基本ではないでしょうか!?デイトレードは言うまでもなく、「熱くならない」「得意な相場状況で実践す...

NO IMAGE

FXに取り組みたいと言うなら…。

FXに取り組みたいと言うなら、最優先に行なわなければいけないのが、FX会社を比較して自分にピッタリ合うFX会社を発見することではないでしょうか?FX会社を明確に比較する上でのチェック項目が10個あるので、一つ一つご説明します。 スイングトレードのウリは、「絶えずパソコンから離れることなく、為替レートを注視しなくて良い」というところで、サラリーマンやOLに丁度良いトレード方法だと言っていいでしょう。 テクニカル分析をする時は、基本的にはローソク足を時系列的に描写したチャートを使うことになります。見た限りでは難しそうですが、慣れて把握できるようになりますと、手放せなくなるはずです。 今からFXをやろうという人とか、FX会社を乗り換えてみようかと検討している人に参考にしていただく為に、日本国内のFX会社を比較し、一覧にしました。よろしければ参考にしてください。 小さな額の証拠金によって高額な「売り・買い」が認められるレバレッジではありますが、予測している通りに値が進展すればビッグな儲けを得ることが可能ですが、その通りに行かなかった場合は結構な被害を受けることになるのです。 テクニカル分析と呼ばれるのは、相場の時系列変動をチャートの形で記録し、更にはそのチャートを基本に、近い将来の為替の値動きを類推するという手法になります。これは、取引する好機を探る際に実施されます。 「デ...

NO IMAGE

XM口座なら高いレバレッジ設定が可能なので一攫千金、億り人になるのも可能!

FXで億り人 って言葉 いつしか普通に使うようになりましたね。 最近ではビットコイン、仮想通貨が暴騰して小資金の投資が1億に化け 億り人続出とか言う感じでよくネット上で耳にする事が多かったですね。 株式で億ったとか、仮想通貨で億り人とか、何かの副業で億り人になったとか いろいろありますね。 では、FX(外国為替証拠金取引)ではどうでしょうか。 現在、国内FX取引はレバレッジが最高25倍。 過去に50倍に規制され、更に現在25倍。 今度は近い内に10倍まで引き下げられる模様です。 FX取引最高レバレッジ10倍となればFXトレードの魅力はかなりなくなってしまいますね。 金融庁が過去にレバレッジを規制する前はレバレッジ100倍、200倍、400倍とトレードする事だって可能でした。その頃はFX長者がわんさか続出状態でしたから、 今の国内FX事情は夢がない ですね。 でもでも、海外FXは別です。 例えば、海外FXで日本人が一番使っている支持率ナンバーワンのXMトレーディングでは 最高レバレッジ888倍の設定が可能です。残高が増えればレバレッジ規制がありますが) それでも、高レバレッジ設定でトレードが可能です。 前回のレバレッジ規制で海外に流れるトレーダーが後を絶たないですが ここから追...